中古車のメリット・デメリット

中古車は値段が安く手に入れやすいためとても人気があります。初めて車を購入する人は中古車を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

しかし中古車には値段が安いというメリットがありますが、デメリットもあります。中古車の購入は新車に比べてチェックしなければいけない点が多いので難しいです。

以下では中古車のメリット・デメリットについて紹介していきます。

中古車のメリット

値段が安い

なんといってもこれ。新車で買うと高すぎて手の届かない車種でも中古車なら安くで購入できます。

選択肢が広い

予算が100万円の場合、新車なら買える車がかなり限られます。中古車なら年式は落ちますが、かなり車種の選択肢が広がります。

生産終了した車も買える

中古車はさまざまな車種が揃っているので、生産終了した車やレアな車も購入できます。珍しい車で人とちょっと差をつけたいという人にもお勧めです。

オプションがついている

中古車にはカーナビやオーディオ等、前の持ち主が取り付けたオプションがついていることが多いです。新車の場合オプションをつけていくとどんどん値段が高くなりますが、中古車ならオプション込みの価格が提示されているので予算を大幅に超えてしまうという事態を避けられます。

運転に自信のない人でも大丈夫

初心者や運転に自信のない人はピカピカの新車だとぶつけるのが恐いのではないでしょうか。でも中古車なら値段も安いですし、ある程度傷をつけても新車よりは気楽に乗れます。

中古車のデメリット

消耗品の交換時期が早い

中古車は部品がどの程度消耗しているのかあまりわかりません。購入してみたら意外と早く交換時期が来て費用がかかる場合があります。

選ぶのが大変

選択肢が多いのはメリットですが、逆に数が多すぎて一番良い車を探すのが大変というデメリットもあります。

ある程度の知識が必要

中古車は条件によって価格に差があります。何も車に関する知識を持たずにお店へ行くと高く売りつけられたりする危険があります。条件の同じような中古車の相場を事前に調べておきましょう。

業者の見極めも必要

業者の中には修復歴を偽っていたり、走行メーターを改ざんする悪徳業者もいるので注意が必要です。店の口コミを聞いたり詳しい人を一緒に連れて行くと心強いです。